フェイスリフトでたるみ解消

フェイスリフトのミニリフトという施術を行いたるみ解消

ダイエットに成功したことで顔の皮膚が余りたるみにフェイスリフトのミニリフトという施術を行いたるみ解消日常生活でもたるみの原因の紫外線と乾燥には注意

まずはメスを使って切るリフトアップ手術で私のミニリフトはこれに該当していまが、それ以外にもメスで切らずに糸を使用して皮膚を引き上げる施術もありますが、この場合糸そのもので皮膚を持ち上げることを意味しているのではなく、糸によって皮膚を刺激することで肌質の向上が望めます。
もっと気軽なタイプでは高周波や超音波、レーザーなどを利用した照射系タイプや、注射タイプのヒアルロン酸成分やボツリヌストキシン等の注入などが一般的にありますが、私が切るタイプを選択したのは、なんといっても切る方法が断然高い効果を期待することができるからです。
もちろん切ることに抵抗を感じる方や傷跡が不安の方は切らない施術がおすすめですが。
切るタイプと比較してそのリフトアップ効果は緩やかであるといわれています。
今現在術後3か月は経っていますが、私の場合まったく傷跡は分からない仕上がりで希望通り気になっていたたるみが解消されたので、本当に満足いく結果でミニリフトの魅力のひとつとして日帰りが可能な手術であり麻酔も局所麻酔で済み、また部位によりその手術時間には差がありますが、私の場合は頬の一部のみでしたので大体30分から45分くらいで終わることです。

想像していた以上に気軽に行えたというのがミニリフトを経験した私の最初の感想で、抜糸には7日ほどで術後の腫れは私の場合4日ほどでした。
通院も1から2回ほどで、シャワーも当日からOKなのもとても嬉しかったです。
ちなみにシャンプーは抜糸後になりますが、ドライシャンプーなら翌日から可能だと言われてたので私はドライシャンプーで洗髪を行ったので特に不便も感じませんでした。

フェイスリフト / フェイスリフト|シワたるみ